何木塚

(なんのきづか)

(明治14年頃建立)

「何の木の 花とはしらす にほひかな はせを」
貞享5年(1688)2月松尾芭蕉が伊勢に詣でた折に西行の句「何事のおはしますかは知らねども忝なさに涙こぼるる」を想い、神宮の尊さ・神秘性を詠んだ句といわれます。